【顔タイプ別/パーソナルカラー別】おすすめアイテム一覧はこちら!

大分のパーソナルカラーリスト、顔タイプアドバイザーRyokoのプロフィール詳細

スポンサーリンク

診断を受けるか決めるにあたって、

この人に任せて大丈夫かな?話しやすそうかな?

と気になることはありますよね。

気が合いそうか、気になること・悩みを相談しやすそうか、というのは大事なポイントだと思います。

パーソナルカラー診断や顔タイプ診断を受けてみたいけど、Ryokoってどんな人なんだろう?

と思ってくださった方に向けて、少し詳しめに自己紹介を書いてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前Ryoko
生年月日1992年3月14日
性別女性
出身・居住地大分県
好きカフェ、買い物、読書、お出かけ
猫、犬、ゲーム、マンガ
May’nさん、メンタリストDaiGoさん
資格などパーソナルカラーリスト認定
顔タイプアドバイザー1級
キャンディカラー®︎ファシリテーター
Photoshopクリエイター(エキスパート)
Illustratorクリエイター(スタンダード)
Webクリエイター(スタンダード)

色、ファッションとこれまで

もしかして私ってオレンジ似合わない?

と気付いたのが小学生のとき。

オレンジ色の服を着た自分に、ふと違和感を覚えたんです。当時は『なんだか似合ってないな』くらいの認識でしたが、どこか冴えない、何かが微妙だと思っていました。

色の似合う/似合わないが決まる要因は何なんだろうと心底不思議でしたが、もちろん理由なんて分からず。

とりあえず『私にはオレンジは似合わない』、でも『ホワイトの面積が多ければ、ちょっとマシ』だなと思っていました。

それまであまり頓着していなかった”色彩”を意識し始めたきっかけです。

こんな感じのトップスを着ていました。

【SALE/50%OFF】23区 L コットンストレッチ ボーダー ニット ニジ…

パーソナルカラーとの出会い

私がパーソナルカラー診断を初めて受けたのは20歳のとき。

母が診断を受けるというので『パーソナルカラーって何?』という状態で同行。

結果はウインター(ブルベ冬)でした。

長年の謎だった『オレンジ色似合わない問題』は気のせいなんかではなく、明確な理由(イエローベースの色による同化現象、膨張)があったんですね。

ブルーベースのカラーチャートにオレンジ色はありませんでした。

この時は『こういう資格や仕事があるんだな』くらいの認識でしたが、単純に興味もあったことから『面白そうだし何かの役に立つかも』と【色彩検定3級】だけ取得しました。

【パーソナルカラーリスト養成講座】を受講するのはこの7年ほど後になります。

『似合う色』だけじゃ足りない気がして『骨格診断』も受ける

色は選べるようになったけど、パーソナルカラーをもとにファッションを楽しむうち、新たな疑問が湧いてきました。

パーソナルカラーで選んだはずなのに、”似合う服”と”似合わない服”がある

理由が知りたくて、5年前にパーソナルカラー診断をしていただいた先生から『骨格診断』『お顔立ち診断』を受けることにしたんです。

骨格診断の結果はナチュラルタイプ。

私の顔立ちは『シック、エレガント、クラシックなイメージ』と言っていただき、ファッションの選び方など詳細にアドバイスをもらいました。

ヘアスタイルの似合う/似合わないって、どこで決まるの?

でも、パーソナルカラー、骨格、顔立ち…とたくさんの診断を受けてもまだしっくりこない事がありました。

何かというとヘアスタイル、特に迷ったのは前髪です。

前髪でかなり印象って左右されますよね。分かってくださる方、きっと多いはず。

骨格診断の際に「ショートヘアがいいよ」とアドバイスをいただいて、私も短めが好きなこともありショート〜ミディアムが多かったんです。

でも前髪はどうしよう、と。

調べる限りでは面長の人=前髪を作った方がいいという意見が多いように感じたのですが、年齢が上がるにつれ、前髪ありだと違和感があって。

これまでの『前髪あり』のヘアスタイルでは違和感がある。

「それなら」と、とりあえず『前髪なし』を試してみることにしました。似合わなければ切ればいいだけですからね!

面長でも前髪なしが似合う?

頑張って伸ばして前髪長めのショートボブにしてもらったのですが、それが不思議と落ち着くんです。

『不思議』と表現したのは、巷で聞く通りなら、面長の人「前髪を作ったほうが、縦の印象が緩和されるから似合う」のでは?と思ったから。

でも面長の私もこの髪型がしっくりくる。

面長に似合うよう、ひし形シルエットにしてくれてるからでしょうか。それも大いにあるかもしれませんが…それだけじゃない気がして。

分からいことはすぐ調べたいタイプなので、いろいろ検索してみましたが理由はよく分からず。

ただ、その中で『顔タイプ診断』というワードを数度見かけました。

後日なんとなく入った本屋さんで『顔タイプ診断』の書籍が目にとまり、何故かどうしても気になってしまい購入しました。

顔タイプ診断を受ける、ではなく『顔タイプアドバイザー』になりました

顔タイプ診断の書籍には自己診断チャートが付いているのですが、自分の顔を客観的に判断するのって、ちょっと難しいです。

(自分では、クールカジュアル?クール?それともエレガント?と考えていましたが、どれも全く違いました。)

気になって仕方ないので『顔タイプ診断』を受ける…ではなくタイプアドバイザー2級講座を受講しました。

いっそのこと『似合う』のメカニズムを学んでみたくなったんです。

受講したことで『面長だけど前髪なしがしっくりくる』のはどうして?という疑問に、今までで一番しっくりくる解答が得られました

その理由は私の顔の印象が大人顔タイプだからということ。しかも【子ども顔】の要素はゼロ。

ショートボブのシルエットも顔タイプの【ソフトエレガント】に合っていたようです。

顔タイプ診断では

子どもタイプ ⇒ 前髪あり(短め)

大人タイプ ⇒ 前髪なし(長め)

が似合う傾向にあるとされています。

2級を受けた勢いに任せて『顔タイプアドバイザー1級講座』そして『パーソナルカラーリスト養成講座』にも申し込み。

パーソナルカラーリストと顔タイプアドバイザーの資格を取得したのが27歳(2019年)。同時にこのブログも始め、今に至ります。

Ryokoってどんな人?

自分で自分の性格を説明するのはむずかしかったので、メンタリストDaiGoさん監修アプリ【超性格分析】をしてみました。

どんな性格なのか、何となく伝わるでしょうか?

「BIG 5」という心理学の世界では最も信頼性の高い性格分類を基に、日本を代表するメンタリストであるDaiGo氏が監修し、ユーザーの性格診断ができるサービスアプリです。本アプリは無料で利用することができ、FacebookやTwitter等、SNSとの連携により、アプリ内で友達との相性診断もできます!

『メンタリストDaiGo-超性格分析-究極の相性診断』https://1923.co.jp/press-release/2017/07/07_1.html

IDでお友だち登録すれば、ちょっとした相性診断なんかもできるアプリです。気になった方はこちらからどうぞ。

私の強みと特徴。診断への活かし方

診断やアドバイスをさせていただく際、私の強みになるかな?と思う資質TOP10です。

こちらはストレングスファインダーという診断ツールを使っています。

ストレングスファインダーの受け方、自分への活かし方を知りたいときは、八木仁平公式サイト様がとっても参考になります。気になった方はサイト内で『ストレングスファインダー』と検索してみてください。

1. 共感性

相手の気持ちを察するのが得意なほうです。モヤモヤしたお悩みなど『伝えたいけど上手くまとまらない』『表現しづらい』ことをくみ取って、言語化するお手伝いをします。

2. 目標志向

『どうなりたいのか』『どんな人に見られたいのか』など目標を明確にし、変わりたいという気持ちをサポート。あなたの『なりたい』に何が必要かを探します。

3. 戦略性

あなたの『個性』の活かし方、『こうなりたい』という理想へのアプローチの仕方について、選択肢や答えを一つに限定せず、いろいろな方法を思いつくのが得意です。

4. 自我

誰かのマネや決められた事に従うのが苦手。自分なりの方法を模索したいタイプです。認められたい欲求がわりと強いですが、その分向上心を持って取り組もうとします。

5. 未来志向

未来を思い描いたり、新しいことを考えるのが好きです。『診断を活かして、こう変わりたい!』という具体的なイメージを膨らませるのも楽しみのひとつ。

6. 学習欲

学ぶことが大好きなので、興味があることに関しては常に新しい知識を求めたり、より深く知ろうとします。診断結果の活かし方を追求するのも好きです。

7. 内省

ゆっくりしっかり考えるのが好き。適当なことを言いたくないので、考えがさだまってないときは発言を控えることも。その際はLINEなどでアフターフォローをきちんと行います。

8. 収集心

私の場合はモノより『情報』を集めるのを楽しむタイプ。これはこういう人に似合いそう、というアイテムやコーデの写真データなどをよく集めています。

9. 着想

空想や新しいものが好きで、アイディアを模索するクセがあります。物事の共通点をみつけたり、新しいアプローチの仕方などを探し出そうとします。

10. 最上志向

良いものが好きで、何かを極めたり最高の状態をめざしたいと思うタイプ。人の良いところを見つけ、活かす・伸ばすことにもやりがいを感じます。

タイトルとURLをコピーしました