【顔タイプ別/パーソナルカラー別】おすすめアイテム一覧はこちら!

PMSの憂鬱・落ち込み・イライラ…婦人科に相談してきた体験談

スポンサーリンク

今回は、婦人科にて PMS の相談をしてきた体験談です。

ご存知の方も多いかと思いますが、簡単に説明すると【PMS = 生理(月経)前に起こる心身の不調】です。

こちらの記事では私が相談した内容やクリニックでの様子、受診しての感想などをまとめています。

  • PMSなど生理に関する悩みがある
  • 婦人科に行こうか迷っている

このような方の参考になれば幸いです。

PMSって?

月経(生理)の前にはどうしてもイライラしてしまったり、甘いものが無性に食べたくなったり、乳房がはって痛んだり…いろいろな不調がでてきますよね。

これは、PMS(月経前症候群)と呼ばれる症状です。PMS(月経前症候群)は“Premenstrual Syndrome”という英語の略称。月経(生理)の3〜10日位前から起こるキモチやカラダの不調で、月経(生理)が来ると症状が弱まり、やがて消えていくものです。

引用元:PMSって?|知ろう、治そう、PMS【月経前症候群】
スポンサーリンク

憂鬱、イライラ…人によって違うPMSのつらさ

生理前または生理中に心身の不調が出てしまう人は多いと思いますが、どこが、どのくらい、どのように辛いのかはみんな少しずつ違いますよね。

Aさんの場合
  • 生理前 ⇒普段よりもイライラしやすい攻撃的になる
  • 生理中 ⇒ 生理痛がかなり酷く、重い
    (起き上がるのも辛く、倒れるレベルのときもあるようです)
Bさんの場合
  • 生理前 ⇒ 表情には出ないけど、どこかピリピリしている
  • 生理中 ⇒ 活動はできているけどキツそう腹痛あり

上の例は私の周囲での話です。

症状や重さは違うようですが、『普段ならスルーできる(我慢できる)ことでも、生理前だとどうしようもなく気に障る。ストレスを感じる』という人がやはり多かったです。

このほかにも生理中は顔色が悪く、歩くのも辛そうな人もいました。人によってはデリケートに感じる話題なので深く掘り下げませんでしたが、おそらく上記以外にもたくさん生理の悩みがあるのではないかなと思います。そもそも生理が長いこと来ていない、という女性もいました(妊娠ではなく)。

私のPMS症状と診察を決めた理由

先ほどの2人はどちらかというと辛さは 生理中>生理前 の様子でしたが、私は逆に生理前が絶不調。生理が始まっでしまえば嘘みたいに楽になります。ありがたいことに生理痛はほぼ無しです。

生理前の症状(私の場合)
  • 憂鬱
    • 気分の落ち込み
    • 不安
    • 無気力
    • 悲観的になり、自分には何もできないと感じる
    • 死んでしまいたい気持ちになる
  • なぜか涙が出る
  • イライラ
    • ずっと苛立ってしまい収まらない
    • 攻撃的な口調になりやすい
    • 動悸がする
  • 腹痛や下痢など胃腸の調子が悪くなる
  • 大人ニキビ、肌荒れ(すぐ赤みや痒みがでる)

生理前に感じることをメモしました。

どれも私にとっては不快なのですが、特に困るのがメンタル面

何もないのに気分が急降下したり、ちょっとしたこともイライラし続けてしまうのは困りものです。

例えば【イライラして嫌な言い方をしてしまう → 自己嫌悪や落ち込み】という失敗は気をつけているつもりでもやってしまいがちでよく反省してます。

アプリに生理周期を記録してあるので頭では『そういう時期』とわかっているのですがうまくセルフコントロールができない時もあり、自分の活動(このブログなど)に支障が出る場合もあります。

ずっと「病院に行かずになんとかならないかな」と自分でも対策をしており、それらも多少なりとも効果はあったと思うのですが、前回のPMSが特に激しく、涙が何時間も止まらなかったり久々に希死念慮がでてきたことで「これが続いたらちょっと危険なのかな」とクリニックのお世話になることにしました。

クリニックを選んだポイントは安心感

私が相談したのは大分県大分市のレディースクリニックです。(もしクリニック名など詳細を知りたい方はご連絡ください)

重視したいポイントは人により異なるかと思いますが、私が今回気にしたのはこの4つ。

  • 女性の先生が担当してくれる
  • 話しやすそうな雰囲気
  • セルフケアなども丁寧に教えてくれそう
  • 家に近く、気軽に通いやすい

女性のお医者さんだと話しやすい

まず女医さんにこだわった理由は、男性医師にPMSを相談したときには上手く話せなかったからです。そのときは初めての婦人科だったためよく分からず、最初は口コミや経験の長さを選ぶポイントにしました。

\ 最初に行ったのはこんなクリニックでした /
  • 口コミの評価が高め
  • おじいちゃん先生
  • 長年続けていて実績あり
  • 大分市中心部でアクセス良好

話したいことは色々あったのですが、いざ対面すると「男性に話して本当にわかってもらえるかな」と急にネガティブになってしまいました。つらい気持ちを理解してほしい、共感してほしいという気持ちが強すぎたのかもしれません。

抵抗なく相談できる方も多いと思いますし、私も相談する気満々で予約したのですが実際行ってみると思っていたより話しづらくて。

そこで今回は女性のお医者さんにお願いしようと思いました。

HPも参考に、自分に合いそうなクリニックを探す

クリニックのHPでは

  • 内装、インテリア
  • 先生やスタッフさんの写真

など、院内の様子が載っていたりしますよね。

初めて行く場所というのは病院でなくても緊張するものですが、

  • 柔らかく優しい色使い
  • 癒されるインテリア
  • 待合室などでゆったり過ごせるような配慮

というようにリラックスできるように様々な工夫をしてくれているクリニックが多いです。診察とは直接関係なさそうな細かな配慮も話しやすい雰囲気作りのポイントなのでしょうね。

\ 今回受診したクリニックはこんな感じでした
  • ホワイトの清潔感・木の温もりがある待合室
  • 日当たりが良く明るい雰囲気
  • 植物、インテリアグリーンが多い
  • 南国風でゆったり開放的なインテリア

診察以外でもサポート体制がある

今回私が行ったクリニックでは治療だけでなく様々なケアが受けられるのも魅力でした。

例えばアロマエクササイズなどを希望すれば受けることができます。

ストレス解消やリラックスのための様々なサービスを用意してくれているのが嬉しいし、女性のつらさを軽減するための細かな気遣いやサポート体制が心強いなと。

自分の症状もわかってくれているクリニックなので安心感もありますよね。

ワークショップやレッスンなどがあるクリニックを探すのも楽しいかもしれません。

受診の流れや待ち時間など

予約の仕方はクリニックにより違いますが、私の場合は初診の人は予約不可でした。

すでに予約してある患者さんのあとに入らせてもらうので、待ち時間は合計2時間ほど。ちなみに平日の午前中でした。

当日の流れ(例)
  • 問診票を記入
    • 悩み、生理周期など
  • ヒアリング(看護師さんより)
    • スムーズな診察のため、看護師さんが事前にヒアリングしてくれます。
    • どんな症状に困っているのかをメモして持っていくと話しやすいです。
  • 診察(先生より)
    • 看護師さんにお話しした内容をもとに、先生が話をきいてくれます。
    • また、希望により子宮の検査も可能。

私はPMSが酷くても生理が始まるとケロっと忘れてしまうので、どういう症状で困っているのかを事前にメモしておいて当日持っていきました。

本題以外でも気になることがあれば何でも聞いてみるのが良いと思います。

PMSのこと以外にも、排卵期あたりになると下腹部がチクチク痛む排卵痛についても相談してみましたが「珍しいことではなく多くの女性に見られることなので安心して大丈夫」と言ってもらえ、念のため子宮に異常がないかのチェックまでしてもらえました。

忙しい中でも嫌な顔されることもなく親身に対応してもらえました。せっかく受診する機会にできる限り不安を取り除いておきたいですね。

処方してもらえるのは【ピル or 漢方】

診察があらかた終了したら、PMS対策のために薬を処方してもらいます。

今回はピル or 漢方のどちらかを選ぶことに。

※ 漢方の取り扱いがないクリニックもあるので、漢方の処方を希望される方は事前に問い合わせるのが良いかと思います。

ピルはPMSに効果があったという声をよく見かけるので気になっていましたが、どうしても副作用(血栓症など)のイメージが強く、前回他院でも処方してもらったときは飲めずじまいでした。

ピルによる血栓症のリスクは妊娠出産時と比較すると低いとの情報もネットで拝見したのですが、血に関連することがとにかく苦手なんです。(血圧測定だけで気分が悪くなり、文字で見るのも本当は苦手です笑)

なので「まずは漢方で様子見しようかな」とも考えましたが、できるだけ確実な方を選びたい…つまり私が選択すべきなのはピルということに。

不安がありつつも試してみたいのを汲み取ってくれたのか、「PMSへの効果がより高い」そして「血栓のことは、たっぷり水分を摂れば喫煙者でも肥満でもないからまず大丈夫」と先生がアドバイスをくれたことも手伝って、思い切ってピルに挑戦することにしました。

ちなみに処方してもらったのはヤーズフレックス配合錠という低用量ピルです。

受診しての感想は「行ってみてよかった」

クリニックに行くまで不安や迷いがありましたが、専門家に話をきいてもらえる、解決策を提示してもらえるのはやはりとても心強いです。

ピルの服薬など不安なことはまだありますが、「何かあればまた相談すればいい」と思えることで以前より気持ちも軽くなり、行ってよかったなと。

PMSや生理痛などが気になる方は一人で抱え込まず思い切って相談してみることをおすすめします。あなたにとって安心して話しやすそうな先生を探してみてくださいね。

今回かかった費用は約7,000円です(詳細は↓)。

検査内容やクリニックにより違うと思いますが、いくらお金を持っていけばいいの?というときの参考にしてください。10,000円持っていれば安心かなと思います。

今回かかった費用の内訳
  • 診療費 3,990円
    • 初診
    • 子宮頸がん検査あり
  • お薬代 2,950円
    • ヤーズフレックス 1ヶ月分
タイトルとURLをコピーしました